スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いきなり完成

更新をサボりにサボっている間に完成してしまいました。
ほんと最悪だな。
結局ビルダーズの手使うのやめるわその他もろもろ経過はぐだぐだでした。

でも完成したからよし!!かっこいいからよし。

今度から経過も大事にします。いやほんと。

では。
CA3K0068_20131208224734d4b.jpgCA3K0070_20131208224737576.jpgCA3K0073_201312082247452d8.jpgCA3K0072_201312082247328f0.jpgCA3K0074_201312082247465ed.jpgCA3K0071_20131208224731b65.jpg
全体。

CA3K0069_20131208224735487.jpgCA3K0076_20131208224749e03.jpgCA3K0078_20131208224757d21.jpgCA3K0077_20131208224751734.jpg
バスとアップ。
ひさしのとか襟の改修とか初めてでしたが、そこそこうまくできたんでないかと。

肩はMSGとプラ材でフレーム作成。
形状を大きく変更し、νの丸っこい感じからスマートな印象に。

胸部、胴体はパテで大型化したり、プラバンで積層ディテールの作成。
胴体を3ミリ延長し、新規で露出フレームを作成。

CA3K0081_20131208224802edd.jpgCA3K0080_20131208224800e4c.jpgCA3K0079.jpg
腰周りもプラバンで積層ディテールかつ、形状の変更。
股間部のダクトユニットはMSGとプラ材で作成。
フロントスカート及び、リアスカート、サイドスカートを大きく延長。
長すぎる脚の見た目の調整にもなっているかと。基本的に、マスキングにて塗り分け、情報量を増やしています。

CA3K0085_20131208224856570.jpgCA3K0084_20131208224855772.jpgCA3K0083_20131208224854e42.jpgCA3K0082_20131208224803913.jpg
脚部の改修は、主に形状変更をメインに行いました。
発動モードをオミットし、長さを抑えましたが、フレームの露出はしたかったため、各部の装甲を切り欠いて、フレームの露出させています。むしろ増えています。
膝のダクトはキットの物はもっさりしていて嫌だったので、ブキヤのものに変更し、シャープかつ大型化。
つま先もプラ材にて延長し、シャープ化

その他、スジボリの追加や、スラスターカバーやすねなど、エポパテにて、角ばった形状に変更、足の甲部分などに、プラバンにてディテールを追加、装甲裏部分を薄く成形など。

CA3K0086_20131208224858e30.jpgCA3K0087_20131208224900aa2.jpgCA3K0089_20131208224906153.jpgCA3K0090_20131208224908fa3.jpg
腕部は意外とνと違ったため面倒でした。
製作過程では、ビルダーズにしていましたが、結局キットの物に。サーベルの持ち手がなかったし、キットの物も意外と強度があったので。。。

腕部は両腕ともスクラッチにて制作。右腕にビームサーベルを格納しています。柄の底部分にリベットとパイプユニットにてディテールアップし、格納状態でも見栄えするように。
左腕部分、シールド接続部はサイトレンズとマイナスモールドで作成。
強度が必要な部分なので、瞬着にてしっかり固定しています。
アポジモーターは面取り部を整えて、リベットパーツを埋め込み。


CA3K0092_20131208224910d2a.jpgCA3K0093_20131208224912dba.jpgCA3K0094_201312082249209be.jpgCA3K0096_2013120822492397b.jpg

バックパック部分。
Hi-νのメインと言っても過言ではない気がします。
キットのものを基部として、スタビレーターやコンテナ、タンクをスクラッチにて制作。

コンテナの接続器部にはストフリの股間節を使用しているので、十分な保持力を持っています。
プロペラントタンクは、ビルダーズのスパイクとバーニアを基部に使用し、マイナスモールドやら、プラパイプやらで作成。
燃料タンクなんだし、ごちゃごちゃしてるのはおかしいと思ったので、スジボリや塗り分け、デカールで情報量を確保しています。

スタビレーターはMGのHi-νよりかなり、大型化。トンカチ状のものも好きなんですが、個人的には新デザのものがが好きだったのでこっちに。コンテナよりでかいです。足と同じ位あります。
ver.kaのゴツゴツした形状に合わせて、ブロック状のものを組み合わせるようにしてディテールを作ってみました。
スラスター部分はwaveのもの、タンク部分はプラパイプ。
要所要所にフィン状のディテールを配置し、ラジエータみたいにな脳内設定です。

CA3K0099_20131208224938158.jpgCA3K0098_2013120822492683b.jpgCA3K0097_20131208224925a89.jpgCA3K0091_20131208224910f70.jpg

ファンネルコンテナ。こっちもかなりゴツゴツした印象になったかと。
かなりデカイです。自分なりにMGのものにかなりアレンジを加えてみましたが、ちぐはぐになっていないか未だに不安。自分じゃ判断つかないですよね。

ただのコンテナだと射出した後に、なんかなーって思ったので、三連スラスターを勝手につけてブースターぽくしてみました。結構シナンジュの影響を受けています。というか参考にしました。

接続にはネオジム磁石を使用しましたが、バッtリ保持できています。磁石すげー。
接続部には磁石自体、モールドとして使用し、他にメタルパイプを埋め込みディテールアップ。
今回で結構気に入っている箇所です。

CA3K0105_20131208224943e2b.jpgCA3K0103_20131208224942312.jpgCA3K0100_20131208224939055.jpg

武装を基本的にそのままでカラーリングを変更しています。
シールドは細かく塗り分けてみました。微妙にゴールドがいけてる気がします。
裏面に装備されているミサイル基部、グレネードはリベットとメタルパイプでディテールアップ。
ガンメタにて塗装。
デカールは赤いマークがあまり好きではなかったので、MG Hi-ν用のものそ使用しています。
このためだけにわざわざ買いました。痛い出費。でもかっこいい!!

CA3K0107_20131208224949fdb.jpgCA3K0109.jpgCA3K0110_20131208224954f89.jpgCA3K0108_201312082249501d1.jpg

バズーカも基本的にはそのままでメタルパイプを本体に埋め込んだほか、排出口を丸モールドとかで作成したぱつでディテールアップ。弾頭部分も同様にMSGやメタルパイプでディテーアップ。
カラーリングはジャーマングレーをメインに使用し、シックな感じに。

CA3K0112.jpg
ファンネルはすべて2cm延長工作+シャープ化。死ぬかと思った。
ファンネルはMG Hi-νのものより、νのモノのほうがかっこいいです。


約1ヶ月半程度かけて制作しましたが、完成した姿を見れてとても嬉しいです。
ガンプラは最初から完成度が高いだけに、どこに手を加えるのかって考えると、かなり難易度が高いキットですよね。
素組を基本に考えているから、クリアランスとか殆ど無いし。

いやでも、なんだかんだいって感無量です。
荒削りな部分がかなりありますが、ガンプラでここまで手を加えたのって初めてなんで。
ただただ嬉しいですね。
しばらく眺めていようと思います。

まとめはこちら
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
プロフィール

お茶。

Author:お茶。
おちゃまるって読みます。ゾイドとACメインに頑張っちゃいます。
よろしくおねがいします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。