スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ふじこじこ

CA3K0020_201312280002248b0.jpg
フロントアーマーを大きく延長。
先端にはダクトノズルか、奥行きにダクト状のディテールを追加予定。

隙間埋めにはポリパテで。
ラッカーじゃキツイ。


就活めんどい。

めんどいめんどいめんどい~。
スポンサーサイト

盛るぜー

股間部もだいたいイメージ通り
CA3K0018_201312270052031e5.jpg

あとはもう少しディテールを追加するかと思案中。
今みたいに過剰分割みたいなキットもすきなんだけど、こーゆー昔のキットのアニメっぽい感じもいいと思えるようになってきました。

Hi-νアニメ出てないけどな!!

CA3K0019_20131227005202cd7.jpg

あとは足部分にエポパテをもりもり。
盛るぜー!!

ふくらはぎのカバー部分も大型化しようかと思ったんですけど、可動が死にそうなのでやめました。
上に動かなくなっちゃ困る。

肩が終わりません。

CA3K0016_2013122523480072f.jpg

三日間いじってようやくこんなかんじに。
約5mm延長し、上部青いパーツを切り離したあと、エポパテとかで形状変更。
若干前後に張り出し、立体的な構成にしました。

ラッカーパテが乾いたら面だしして、チェックとか…

orz


CA3K0017_201312252348014b7.jpg
股間部分もキットのままだと、中央ブロックがあまりにショボく感じたので一旦切り離して、プラバンで下部を新造。
スラスターはコトブキヤのものを使用。
形状変更するためにエポパテを盛りましたが、いくらなんでもあまりに盛り過ぎな気がする。

この辺は慣れで大体の分量を掴むしかないなぁ。
しかし、タミヤのエポパテ使いやすい。


就活マジたるい。
働きたくないでござる。
バイトでいたい。
気楽にいきたい。
責任なんて持ちたくない~。

↑ダメすぎるな。

12/25

なんかもーだめだ。

いろいろ疲れた。

なーにが「じじいみたい」だ。

そ~なる前にくたばるし。

割りと本気で40までには死にたいとか思ってるのにそんなこと言われても。

テキトーに生きて満足したら、さっさとドロップアウトしたいもんだ。電源ボタン長押ししたい。


しかし、あの女最近まったく敬意を示さなくなってきおった。

僕がわるいんだけどさ。

だからってパンプスキックはどうなんだろう。

胸部とか2

今日も朝からちまちまいじっとりました。

30分毎に別のことをし始めるくらいに落ち着きも集中力もないですけどね。

星空文庫ちょっとハマリ気味です。

CA3K0009_20131223001309dea.jpg

マスクの角度の調整と、とさかのてっぺんが寂しかったので、一段パネル状のディテール?を追加しました。
0.3mmプラ版の汎用性。

CA3K0010_20131223001311efd.jpg

胸部はダクト横の脇の部分を一度切り飛ばしたあと、1mmと0.5mmのプラバンで新造して、左右に幅増しし、気持ちディテールを追加。
以前のHi-νと同じような感じで。

コックピットブロックは全面と上面を0.8mmずつ大型化。C面が大きすぎて隙間ができた部分はポリパテで埋めたあと小さめにC面を入れています。
上面は大型化するにあたって角度も調整しています。

また、このブロックはあまり収まりが良くなかったので、干渉部分を若干削りこみ、ブロック裏側の引っかかり部分を瞬着で渋く、下面を0.5mm延長し、収まりを良くしています。

今思いついたけど、磁石でも良かったか?
でもスペースないや。

明日こそ肩の工作に入ります。

ガンプラは肩が大事だと思う。

胴体 + ちょっと頭

胴体の改修です。

といっても、もともとあまりいじるデザインではないと感じている胸部。

明らかに別々なのに、行った整形になってしまっている部分を整形。
ダクト部分をPカッターにて掘り込みました。
コックピットはプラバンを貼って、多段型のハッチにしてみました。
PAP_0006.jpgPAP_0007.jpg



PAP_0008.jpg
頭部はアンテナ位置を0.3ミリ下方に修正。合わせて額部分上部がスカスカになっしまう部分にはプラバンで延長予定。
大したことない気がするけど、プラモで0.3は結構大きいです。
強度的にも結構ギリギリな感じがするので、なにか手を考えないと…


にしても胸部の外装はパーティングラインがでっかいです。普通に削ったら精度崩れる気がするので、パテとか接着剤を駆使しています。古いと言っても、ストフリの後出し、それなりだと思ったのに…どうしたバンダイ。

整面はサフチェックのあとにやるとして、明日は肩に入ります。


今思いついたけど、胸部とかにはメタルボールを使ってみよう。

フェイス加工

八百屋のおじさん萌~

個人経営で融通が利くためか、会計時に割引してくれました。
その時奥さんに怒られてました。

尻に敷かれとるな…正直羨ましい。


話は変わって今日からMG Hi-νの制作を開始しました。

仮組みはすでに終了しているので、改修に入っていきます。
まずは頭から

PAP_0002.jpgPAP_0001.jpg
まずは頭部の後ハメから
昔通りのやり方がはめ込み的に通じない気がしたので(技量不足)いっそのこと繰り抜いて、ボールジョイントを埋め込みました。クリアパーツの削りは従来通り。
ボールジョイント化するにあたって、キットのままだと、気になっていた首と体の隙間の調整も行い、襟の中への収まりを良くしました。あくまで主観ですが。

PAP_0003.jpgPAP_0004.jpgPAP_0005.jpg

とさか部分はプラ版にて若干大型化、丸みを帯びた形状から、面よりの形状へ変更。
後頭部と襟はエポパテにて形状変更

ひさし部分もエポパテにてきつくし、フェイルパーツを若干奥に引っ込めて、寄り目を解消し、目つきを悪くしています。
とりあえず、ペーパーがけも済んで面も整ってきているので、明日から肩か胴体に入ります。


サフチェックしたらボロが出まくることを考えるとorzです。

12/14

最近マジでサボリ気味。

でも今日はとても嬉しいことがあったので久々に更新。
この幸せをみんなにもわかってほしい。

八百屋で玉ねぎが大サイズ3個で100円だった。
迷わず飛びついて会計するとき、レジのおじさんが

「大きさ殆ど変わらない中サイズなら4個はいってますよ~。」

って教えてくれた。わざわざ取りに行ってくれたし。
まぁ接客業だし、よくあることといえばそうなのかもしれないけど、すごくほっこりしました。

あのおじさんには幸せになっていただきたい。

今度また行こう。

Hi-νまとめ

改修点のまとめ

:頭部
  ・ひさし部分を改修し、目つきを悪く。合わせてアンテナ位置も下方に修正
  ・後頭部と襟足をエポパテにて延長し、形状変更
  ・とさか部分も大きく延長
  ・ほほダクト部薄く削りこみ、シャープな印象に。

:胴体
  ・胸部をパテとプラ材にて大型化。
  ・全体をプラ材にて積層ディテールを追加。
  ・胸部サイド部分にもディテールを追加し、横幅を大きく。
  ・胴体を全体で3mm延長し、露出部分は新規でフレームを制作

:腰部
  ・股間部分を大きく形状変更し、積層にてディテールを追加。
  ・フロント、リア、サイドスカートを大きく延長
  ・塗り分けなどで情報量をUP

:腕部
  ・肩天板部分にプラ材やらMSGでディテールを追加
  ・肩の形状を大きく変更
  ・アポジモータ部分を整形し、リベットを埋め込み
  ・両腕部分をスクラッチ

:脚部
  ・全体をエポパテにて角ばった形状に変更。
  ・フレーム露出のための切りかけを変更
  ・甲部分の露出部分は塞ぎ、プラ材にてディテールを追加
  ・ダクト部分をMSGに置き換え
  ・つま先の延長、シャープ化

:バックパック
  ・スタビレーターのスクラッチ
  ・ファンネルコンテナのスクラッチ
  ・プロペラントタンクのスクラッチ

:武装
  ・バズーカ弾頭をリベットパーツ、メタルパイプでディテールアップ
  ・シールド裏ミサイルやグレネードも同様
  ・ファンネルを2cm延長し、シャープ化
  ・接続にはネオジム磁石を使用



フレームは艶よりの半ツヤでコート
装甲はつや消しにてコート

塗装にはすべてガイアノーツカラーを使用

いきなり完成

更新をサボりにサボっている間に完成してしまいました。
ほんと最悪だな。
結局ビルダーズの手使うのやめるわその他もろもろ経過はぐだぐだでした。

でも完成したからよし!!かっこいいからよし。

今度から経過も大事にします。いやほんと。

では。
CA3K0068_20131208224734d4b.jpgCA3K0070_20131208224737576.jpgCA3K0073_201312082247452d8.jpgCA3K0072_201312082247328f0.jpgCA3K0074_201312082247465ed.jpgCA3K0071_20131208224731b65.jpg
全体。

CA3K0069_20131208224735487.jpgCA3K0076_20131208224749e03.jpgCA3K0078_20131208224757d21.jpgCA3K0077_20131208224751734.jpg
バスとアップ。
ひさしのとか襟の改修とか初めてでしたが、そこそこうまくできたんでないかと。

肩はMSGとプラ材でフレーム作成。
形状を大きく変更し、νの丸っこい感じからスマートな印象に。

胸部、胴体はパテで大型化したり、プラバンで積層ディテールの作成。
胴体を3ミリ延長し、新規で露出フレームを作成。

CA3K0081_20131208224802edd.jpgCA3K0080_20131208224800e4c.jpgCA3K0079.jpg
腰周りもプラバンで積層ディテールかつ、形状の変更。
股間部のダクトユニットはMSGとプラ材で作成。
フロントスカート及び、リアスカート、サイドスカートを大きく延長。
長すぎる脚の見た目の調整にもなっているかと。基本的に、マスキングにて塗り分け、情報量を増やしています。

CA3K0085_20131208224856570.jpgCA3K0084_20131208224855772.jpgCA3K0083_20131208224854e42.jpgCA3K0082_20131208224803913.jpg
脚部の改修は、主に形状変更をメインに行いました。
発動モードをオミットし、長さを抑えましたが、フレームの露出はしたかったため、各部の装甲を切り欠いて、フレームの露出させています。むしろ増えています。
膝のダクトはキットの物はもっさりしていて嫌だったので、ブキヤのものに変更し、シャープかつ大型化。
つま先もプラ材にて延長し、シャープ化

その他、スジボリの追加や、スラスターカバーやすねなど、エポパテにて、角ばった形状に変更、足の甲部分などに、プラバンにてディテールを追加、装甲裏部分を薄く成形など。

CA3K0086_20131208224858e30.jpgCA3K0087_20131208224900aa2.jpgCA3K0089_20131208224906153.jpgCA3K0090_20131208224908fa3.jpg
腕部は意外とνと違ったため面倒でした。
製作過程では、ビルダーズにしていましたが、結局キットの物に。サーベルの持ち手がなかったし、キットの物も意外と強度があったので。。。

腕部は両腕ともスクラッチにて制作。右腕にビームサーベルを格納しています。柄の底部分にリベットとパイプユニットにてディテールアップし、格納状態でも見栄えするように。
左腕部分、シールド接続部はサイトレンズとマイナスモールドで作成。
強度が必要な部分なので、瞬着にてしっかり固定しています。
アポジモーターは面取り部を整えて、リベットパーツを埋め込み。


CA3K0092_20131208224910d2a.jpgCA3K0093_20131208224912dba.jpgCA3K0094_201312082249209be.jpgCA3K0096_2013120822492397b.jpg

バックパック部分。
Hi-νのメインと言っても過言ではない気がします。
キットのものを基部として、スタビレーターやコンテナ、タンクをスクラッチにて制作。

コンテナの接続器部にはストフリの股間節を使用しているので、十分な保持力を持っています。
プロペラントタンクは、ビルダーズのスパイクとバーニアを基部に使用し、マイナスモールドやら、プラパイプやらで作成。
燃料タンクなんだし、ごちゃごちゃしてるのはおかしいと思ったので、スジボリや塗り分け、デカールで情報量を確保しています。

スタビレーターはMGのHi-νよりかなり、大型化。トンカチ状のものも好きなんですが、個人的には新デザのものがが好きだったのでこっちに。コンテナよりでかいです。足と同じ位あります。
ver.kaのゴツゴツした形状に合わせて、ブロック状のものを組み合わせるようにしてディテールを作ってみました。
スラスター部分はwaveのもの、タンク部分はプラパイプ。
要所要所にフィン状のディテールを配置し、ラジエータみたいにな脳内設定です。

CA3K0099_20131208224938158.jpgCA3K0098_2013120822492683b.jpgCA3K0097_20131208224925a89.jpgCA3K0091_20131208224910f70.jpg

ファンネルコンテナ。こっちもかなりゴツゴツした印象になったかと。
かなりデカイです。自分なりにMGのものにかなりアレンジを加えてみましたが、ちぐはぐになっていないか未だに不安。自分じゃ判断つかないですよね。

ただのコンテナだと射出した後に、なんかなーって思ったので、三連スラスターを勝手につけてブースターぽくしてみました。結構シナンジュの影響を受けています。というか参考にしました。

接続にはネオジム磁石を使用しましたが、バッtリ保持できています。磁石すげー。
接続部には磁石自体、モールドとして使用し、他にメタルパイプを埋め込みディテールアップ。
今回で結構気に入っている箇所です。

CA3K0105_20131208224943e2b.jpgCA3K0103_20131208224942312.jpgCA3K0100_20131208224939055.jpg

武装を基本的にそのままでカラーリングを変更しています。
シールドは細かく塗り分けてみました。微妙にゴールドがいけてる気がします。
裏面に装備されているミサイル基部、グレネードはリベットとメタルパイプでディテールアップ。
ガンメタにて塗装。
デカールは赤いマークがあまり好きではなかったので、MG Hi-ν用のものそ使用しています。
このためだけにわざわざ買いました。痛い出費。でもかっこいい!!

CA3K0107_20131208224949fdb.jpgCA3K0109.jpgCA3K0110_20131208224954f89.jpgCA3K0108_201312082249501d1.jpg

バズーカも基本的にはそのままでメタルパイプを本体に埋め込んだほか、排出口を丸モールドとかで作成したぱつでディテールアップ。弾頭部分も同様にMSGやメタルパイプでディテーアップ。
カラーリングはジャーマングレーをメインに使用し、シックな感じに。

CA3K0112.jpg
ファンネルはすべて2cm延長工作+シャープ化。死ぬかと思った。
ファンネルはMG Hi-νのものより、νのモノのほうがかっこいいです。


約1ヶ月半程度かけて制作しましたが、完成した姿を見れてとても嬉しいです。
ガンプラは最初から完成度が高いだけに、どこに手を加えるのかって考えると、かなり難易度が高いキットですよね。
素組を基本に考えているから、クリアランスとか殆ど無いし。

いやでも、なんだかんだいって感無量です。
荒削りな部分がかなりありますが、ガンプラでここまで手を加えたのって初めてなんで。
ただただ嬉しいですね。
しばらく眺めていようと思います。

まとめはこちら
プロフィール

お茶。

Author:お茶。
おちゃまるって読みます。ゾイドとACメインに頑張っちゃいます。
よろしくおねがいします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。