スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

喜ぶべきか悲しむべきか

今日、バイト先の先輩が
「俺プラモやめたから塗装ブース欲しい?」
と。

ちなみにタミヤのシングルファン。
前々から欲しいと思っていたので、1も2もなく頷いたのです。
明日もらいに行ってきます。


タダでこんなものを手に入れることが出来て最高にハッピーなのですが、同じ趣味を持つ人が減ってしまうのはちょっと寂しいです。

ただでさえ模型なんてものは面倒な工程をひたすら繰り返す作業のような面があるので、趣味にしている人は少ないですし。

でも完成した時の感動はやっぱりいいですよね。


ちょうどテュランも塗装に入るところだったのでバリバリ働いてもらおうと思います。
どれくらい吸ってくれるかはわかりませんが。


ブラックホールも結構良かったのですが、いかんせん常設できる環境ではない僕の部屋では出し入れが...。
需要があるかわかりませんが、そのうち出品予定です。
まだまだ現役で使えますので、よろしければご検討ください。


ではでh
スポンサーサイト

処理完!!

ようやっと面だし、合わせ目消し等表面処理関係がおわりました。

なんどやっても大変ですね、この作業。
CA3K0015.jpg
フューラーの面だしで難敵なのがこやつ。

合わせ目と結構深めのヒケがあるくせに多面的なデザインなので、適当にやると面と面の境界線がアヤフヤでかっこ悪くなります。
頑張って削るべし。
合わせ目も隙間ができやすいので瞬着で埋めてたほうがいいと思います。
ラッカーは柔らかいので、エッジ部分なんかはちょっと敬遠。(元々ですが)


とりあえずこれから洗浄と乾燥。

塗装が楽しみです。

反省

先日出品させていただいておりましたサイコジェノザウラー、無事落札されました。
個人的な理由で一度オークションを取り消し、入札してくださっていた方々や、アクセスしてくださっていた方にもご迷惑をおかけいたしました。
深く反省致します。
これからも制作物を出品させて頂くつもりですので、今後とも宜しくお願い致します。


こっから気持ちを切り替えて模型記事です。
CA3K0009.jpg
バスタークローは2パーツ構成になっているのですが、挟まる方の穴をコーンカッターで面取りしてやります。

これだけでも普通に組むよりかっこよくなると思います。


CA3K0010.jpg
LED内蔵のため電池ボックスを頭部に配置。
普通にやると入らないので、内部をゴリゴリ削ってますが、とても便利なこのスペース。
ストレートに組むと電池ボックスが見えてしまうので、プラ材でそれっぽく素体部分を作ってます。
スイッチはハッチ裏面に設置予定。
頭部だけにユニットを仕込みたいです。


CA3K0014.jpg
バックパックのアーム収納部分を埋める。
プラ材で骨組みを作った後、MSGとプラ材でディテールアップ。
EVOLVEのガンプラの構成を参考にしてみました。

バラバラのようで塗装してみると結構いい感じになったりするんですよね。
センスある人はこの段階でわかるのかな。
いいなぁ~、僕もデザインセンス欲しいです。

今日はこのへんで。
明日は合わせ目と面だしの仕上げです。
そしたら洗って塗装に入れます。

今回はカラバリ機体なのでちょっと凝ってみるつもりです。
楽しみにしてくれている人がいればとってもしゃーわせです。


マジで!?

まさかのL5死亡。

イエーガーに剥がれがあったから軽く塗装しようと思ったら、うんともすんとも。

なぜだ!?


窓際に置いていたのがまずかったのか、てか関係あるのかそれ。
コード引っ掛けたりはしてないし。


いかん、まずい。
なにもできん。

ジーザス!!

ちんタランチュラ

今日は仮組み。

モチベーションが上がらず、たらたらしてました。
今日でLEDの仕込み手順くらいは決めておきたかったのに。

バックパックも手を付けるつもりなのに大丈夫かお茶。

とりあえずこれだけ
CA3K0008.jpg

いろんなレビューサイトで不満点とされている首の細さ。
ピッタリ合わさるようにしました。
元の長さまで引き出せるので可動には問題なしです。


今日はこれだけ。

駄目だ~。

あああああ

CA3K0007.jpg
タイトルが思いつかないので適当に。

ブログなんてそんなもんです。


今日は目立つヒケを処理しました。


僕はヒケ処理には瞬着をよく使います。waveの高強度のやつ。
ラッカーパテは硬化に時間が掛かるし、塗り方が下手なのか、気泡ができるときがあります。
その気泡を埋めるために結局瞬着使ったりするので。

でもプロの方は普通にラッカー使ってるので、僕が下手なだけなのはバレバレですが。

でも乾燥するの待てないんだもん。
せっかちなんです。

プラモ作りに大切な根気が圧倒的に足りない。
技術も足りない。

力もない お金もない♪
ナイナイばっかでキリがない♪ (TMさんのやつ)

ベコベコペコちゃん

12.jpg

サイコジェノザウラー、引き続き出品中です。
よろしければ御覧ください。


宣伝はこれくらいで今日の進行状況。

ベコベコペコちゃんですよ。
CA3K0004_20121122001936.jpg

バスタークローの背です。
同じの6本はきつい。

面だしも兼ねての処理なので面倒でもヤスリスティックで処理します。
HARD400番から800番ですりすり。

後は合わせ目部分の接着。

明日はヒケ処理します。
その前にパーツの注文しに為替も買わなければ。


そう、パーツ壊したんです。
壊したというか、接着剤こぼしてデロデロにしちゃったんです。

マイガッ!!

予定は未定

ヒケ処理に入れませんでした。

眠くて。


明日は、明日こそは。

ヒケ処理の大部分を終わらせたい。

ただでさえ、面だしエッジ出しが面倒なのに。
バックパック部分も何とかしたいし。

ジャンクパーツはもうないのでプラ板で作ります。

構想は全く浮かんでませんが。


そのうち思いつくでしょう。
ではでh。

テュラン開始

とか言いつつ、まだなにもしてません。

やってないわけではないのですが現在ゲート処理中です。
CA3K0003_20121120011158.jpg

右が処理済み。

ゲート跡が目立たないように工夫されているのですが、いかんせんパーツの量が尋常ではないです。
ふむう。
まぁ、明日にはおわりますが。


その後、地獄のヒケ処理です。

なんだか今までのHMMに比べ、あらゆる面がベコベコしている気がするフューラーです。
直線や平面の多いデザインなのでしっかり処理していきたいです。


今回LEDを入れるかどうかはまだ検討中です。
コックピット部分にスイッチとか電源とか入りそうな気がするんですが…
行けますかね。
削れば行けそうなんですが、むむむむ。

首の細さも解消したい。

ヒケ取りながら考えます。

であであ。

お出かけ

昨日の夜から師匠の部屋へあそびに行って来ました。
なんの師匠なのかは6年経ったいまでも不明です。

ハーレーに跨り、片道2時間。

遠いわぁ。


約1ヶ月ぶりに会いましたが、相変わらずフルスロットルで変態でした。
彼は常に思春期です。
女の子大好き。
バイブルはいちご100%。

気持ちは分かりますが。

日付を跨いで、ラーメン食べに行ったり、カラオケいったり、バッティングセンター行ったり、ギャルゲー同時プレイしたり。

そこを妹ちゃんに見られたり。


学校の友達とは学校の中以外ではまず遊ばないお茶。です。
もちろん嫌いなわけでもないですし、誘ってくれるのは嬉しいのですが、学校が終わるとなんかスイッチ入れ替わるんですよね。

あんまり人と一緒にいられないんですよ。
普段一緒にいる分にはいいんですが、1日一緒に居られない感じです。

師匠はそんな感じにならないんですよね。
不思議です。
タレ目だからでしょうか。

ここだけ書くと僕が変態みたいです。
変態ですが。


そのあとは一緒にバイクのメンテしてました。
最近調子悪いんです。
まぁ、あんなバキバキに改造してあったらそりゃそうなんですが。

いい加減ハンドシフトから卒業したいです。
セルも付けたい。
キックは疲れる。 足がポパイです。


話は変わって今後の話。

次はバーサークテュランを作ろうと思っています。
フューラーは元々完成されている感じがするので、表面処理と塗装を丁寧に。

サイコで色々やったので、一旦落ち着こうぜみたいな。

やるぜー。お茶。頑張るぜー。

サイコジェノザウラー まとめ

写真はこちら

改修点のまとめ。
・頭ー首、首ー胸、胸ー胴体をそれぞれ改修し、可動範囲を大きく拡大
 引き出し関節のため、無稼働の際のスタイルの良さもキープできています。
・股関節に大型のボールジョイントを埋め込み可動範囲拡大。
・足裏、ふくらはぎのバーニアをそれぞれメタルパーツに変更。
・本来スラスターを付ける部分にはスプリングユニットを使用し、内部メカっぽく。
・レーザーライフルのディテールアップ。画像を参考にしてもらえると。
・スラスターカバー裏をポリパテで埋めた後、ディテールアップ。
・LEDを内蔵し、発光ギミックを仕込みました。
・脚部のサブアンカーの折れ防止のために真鍮線に変更。
・頭部フレキシブルレーザーのスクラッチ、トサカの延長及びシャープ化。
・幻影装置、ミサイルポッドのスクラッチ。
・レーザーライフルの可動化。
・アンカークロー再現用パーツの自作。
・荷電粒子砲を差し替えにて伸縮を再現。
・脚部動力パイプを網目チェーンに変更し、ディテールアップ。



カラーレシピ
・本体ブルー
  コバルトブルー、ウルトラブルー、Exホワイト、蛍光ピンク
・本体パープル
  ラベンダー、パープルヴァイオレット、蛍光ピンク
・本体フレーム
  ガンメタル、スターブライトジェラルミン、クリアパープル
・シルバー
  Exシルバー、クリアブルー、クリアブラック
・ゴールド
  スターブライトゴールド
・クリアーレッド
・クリアパープル
・エナメル フラットグリーン

すべてガイアカラー

金属色は黒サフ、それ以外はサフEVO下地です。
トップコートは金属色はExクリアー、それ以外はExフラットクリアー仕上げです。


今回初めてスクラッチ的なものをしましたが、かなり大変でした。
直角を出すためにわざわざスコヤまで買いましたもん。
今回色々工具を買ったので財布は大打撃を受けましたが、その分満足できる出来栄えです。

完成したあとかなりニヤついてましたね。 にょふっ。

自己評価では80点くらいです。 (自分に甘い子)
強度の確保の仕方やプラ板でのスクラッチなど、今回の改修で得られた経験はかなり大きいです。
次回作に活かすべく、今度はプロトブレイカーとか作ってみたいです。

その前にジェノブレとシャドーフォックスも作りたい。
ですがお金も時間もありません。 SHIT!!


この子はオークションに出品しますのでよろしければ見てあげてください。

であであ。

オークションに出品しました。

キタキタキタキタキター!!!!!!

11/25日追記 
オークション画面より御覧頂いた方々へ

先日出品させていただいておりましたサイコジェノザウラーですが、コンプレッサーが故障し、資金が必要になったため、オークションを取り消し、希望額を設定の上、再出品させていただきました。
入札してくださっていた方々、大変申し訳ございませんでした。
以後このようなことがないよう、肝に命じます。
図々しいとは思いますが、今後とも宜しくお願い致します。




サイコジェノザウラーお披露目です。

ヒャッハー!!

1_20121117210952.jpg
2_20121117210951.jpg
4_20121117210950.jpg
21.jpg

素立ちです。

15.jpg
ライフルの可動化。
グリグリ動きます。軸を太らせているので保持にも問題ありません。
写真には写っていませんが、銃口を掘り込んで真鍮パイプでディテールアップしています。
下側の先端部分にはリベット埋め込み。

22.jpg
動力パイプはスプリングユニット5mmで再現。
根本はショートパイプで動力口を作りました。

23.jpg
合わせ目処理を簡略化するための処理及び、シリンダー部分を制作しました。
ゴールドと塗り分けているので、ノーマルの物よりメリハリが付いていいと思います。
ケツ側はマイナスモールドでフォロー。


16.jpg
17.jpg
18.jpg
7.jpg
各部のアップです。

塗装は中々にしんどいジェノ系です。
丁寧にしたつもりですが、どうでしょうか。

8.jpg
9.jpg
10.jpg
11.jpg

可動範囲の拡大。
バーサークフューラー並、それ以上の可動範囲です。
振り向きポーズが様になってます。

可動の際、隙間ができてしまう部分はサスペンションユニットでフォロー。

脚部の動力パイプは網目チェーンに変更ディテールアップ。

3_20121117210951.jpg
トサカは延長し、ノーマルの物よりシャープにしています。

6_20121117210949.jpg
幻影装置兼、ミサイルポッド。
プラ板とMSGでスクラッチ。

噴射口は2mm三角棒で再現。
別写真で確認できます。

19.jpg
フレキシブルレーザー内部にクリアパープルで塗装したHアイズ貼り付け。
写真じゃ見えづらいの。
レーザー反射用のプリズムみたいな?脳内設定。

アニメでもそんな感じだったし。

20.jpg
アンカー再現。
ブレードライガーをすっ転ばしていましたね。

針金が入っているのでぐにゃぐにゃ動かせます。

12.jpg
13.jpg
14.jpg

一度も使われなかった荷電粒子砲。
股関節を改修しているのでノーマルに比べかなり股を開くことができます。
THE 低姿勢。

尻尾のフィンはフレームと同じメタリック塗装。

ふくらはぎのスラスターカバー裏をすごく見て欲しい。
手をつけてないものと比べてめちゃかっこいいですよね。ね?

バーニアはSVバーニア、MJディッシュ、MJギアの組み合わせ。
いいね!!


LEDのスイッチ及び電源ははコックピットに内蔵しています。
CR1220電池使用。

3_20121117210951.jpg
他には荷電粒子砲を差し替えで収納状態を再現できます。

CA3K0002_20121117183745.jpg
足裏はカラードスラスター埋め込み。
ツメ部分にはマイナスモールドをはりつけてディテールアップしています。

次の記事にて、改修点のまとめとカラーレシピを紹介します。
ここまで見てくれてありがとうございました。

良ければ次記事も見てもらえると嬉しいです。

カラーレシピへ


オークションに出品しました。

よろしければ御覧ください。

完成です。

の前にちょっとだけ
CA3K0002_20121117183745.jpg
足裏です。

普通に塗装すると青色で格好わるいのでフレーム色と同様に塗装。
カラードスラスターとマイナスモールドでディテールアップします。

CA3K0003.jpg
膝のシリンダー。
なんとなくスプリングを挟んでみます。
結構良い感じ。


そんでかんせいです。
CA3K0004_20121117183744.jpg

めっちゃかっこ良くないです?
やべーよこの子。

イケメンすぐる。

フレームと装甲で光沢とつや消しを使い分けたからか、メリハリがある気がします。


オークションに出品予定なので写真とったらまた更新します。

んでは。

ヒャッハーい!!

塗装オワタ!!

いえっフゥゥううううううううう!!

明日組立とLED組み込んで完成です。
わくわくしてきましたね。

カラーリングを先に紹介
CA3K0005.jpg

どうですかね。
結構いいと思うんですが。

アニメを参考に調色しています。


それとは別に
CA3K0004.jpg
フレーム内部です。
首から伸びているケーブルが可動の妨げになるので、その対処としてメッシュチューブ通しています。

一応書いておきました。


明日(今日)に備えて寝ます。

ファファファファファ。

いらいらいらいら

PCがSDカードを読まなくなり、悪戦苦闘。
中のコネクタの位置を変えたら動きました。
無駄に時間食った。

4年くらい続けて使っているのでさすがにガタがきているのでしょうか?

愚痴はこれくらいで経過報告です。

塗装はほとんどおわりました。
残るはキャップとクリアパーツです。

そのあとスミ入れトップコート。
カラーリングは中々満足の出来です。

パープルが薄い気がしていましたが、装甲とあわせてみるとちょうどいいかんじですた。
CA3K0002.jpg

ライフルとミサイルポッド。
シリンダー部分結構イケてる?イケてる?

いけてますよね?

シルバーぁあああああああああ

ようやくサフチェックもおわり、塗装に入りました。

今日は修正に時間がかかってしまったので、シルバーのみ。
CA3K0001.jpg

こんな感じの色合いです。
黒サフ下地で、Exシルバーにクリアブルーとクリアブラックを少々。

暗めのスターブライトアイアンみたいな。


結構金属っぽい雰囲気が出たので満足。
トップコートを吹いてみてどうなるか。

明日はゴールドとフレーム。
頑張ります。

日付詐欺終了

CIMG9926.jpg
今日のおやつ。

3個で30円。
それなりのお味。
ぶっちゃけいまいち。


普通の買えばよかった。


長らく続いていた日付詐欺更新もとどめです。

お前はもう終わりだ。




なんだか変なテンションなのはアルコールが入っているためであったり。
こんなくだんらん記事書くぐらいならおとなしく寝てろって言われそう。

CIMG9924.jpg
チップLEDの哀れな末路。
どうでもいいって?  全くそのとおり。



まぁ、今日は気分が良いので何を言われても笑って流せる。
アルコールパワー。


僕はカクテル系をよく飲むのですが、色々初挑戦してみました。

フレンチ・コネクション美味しかった。
カレットも中々。

ゴートゥーヘブン、飲めんかった。
アレは無理だろ常考。


工作終了です。

です。

長かった...

ようやく洗浄して乾燥に入れます。
明日一日は乾かす予定なのでお部屋の掃除をします。
机も散らかしたしな!!


CIMG9917.jpg
目に合わせてクリアパーツ切り出ししました。
わからん!!

CIMG9918.jpg
レーザーライフルの動力パイプをスプリングユニットで再現したいので、穴を広げます。
ケツ側のはショートパイプの7mmです。
リューターはなんだかんだあると便利なので、余裕のある方は持っておいたほうがいいと思います。


CIMG9921.jpg
こんなかんじに最初から尖っているパーツは成型時のバリが結構あります。
1500番くらいでヤスって綺麗にしておきます。

CIMG9923.jpg
幻影装置の接続部分。
位置合わせに結構苦労しました。
ちょっとでもずれると気になって気になって...。
コマケェ...orz

CIMG9686.jpg
CIMG9688.jpg
いつもどおり股関節の改修。

LEDに関しては配線は終わったので塗装後に組み込んで行きます。

何はともあれ一段落です。
明日は豪華な食事にしようじゃないか(今日だけど)


シーザスorz

1mmのピンバイスが折れました。
CIMG9916.jpg

がちょーん。(*´Д`)

落とした時に椅子で踏んづけてしまった...。
明日買ってこないと。

気を取り直しまして本日の改修。
CIMG9911.jpg
の前に合わせ目処理忘れ。
全部終わったつもりだったのに。

レイヴンジェノのこのパーツはABSです。
流し込みタイプで接着したところ、合わせ目もしっかり消せているので満足。
流し込みタイプ万能ですね。 
一家に一本。

CIMG9915.jpg
CIMG9912.jpg
可動のフォローにサスペンションユニットをあてがってみたところ良い感じ。

CIMG9913.jpg
塗装後の接着でははみ出したときショックなので、真鍮線で接続するようにしました。

CIMG9910.jpg
ミサイルポッドはここまで。
余っていた角モールドとミサイル板のパーツをはりはり。 

個人的にはかっこいいと思うのですが、どうでしょうか?
これも接続は真鍮線でするつもりです。

キャップ接続でないわけは、脚部と平行にできる自信がないからです。(どやっ!!)


CIMG9905.jpg
頭部レーザー部分の箱を作ります。
5ミリの角棒の周りに1ミリプラ板で囲いを作って、C0.5くらいで面取りしました。

CIMG9914.jpg
あてがってみました。
レーザー基部と砲身部分はビルダーズパーツのサイトレンズを使いました。
けっこうイケメンです。
基部と砲身部分でモールドを合わせるとそれっぽい気がします。

トサカは三角棒で延長してシャープ化しています。



今日はここまで。
明日の目標はクリアパーツ削りだしとLEDの配線。


やるぜー。

オラオラオラオラオラオラオラ!!!!!!!!!

勝った...orz
CIMG9907.jpg
合わせ目ぇ...

これで接着したものの処理は全部終了しました。

ヴィクトリー!!


今更ながらに胴体可動の写真。
CIMG9897.jpg
無駄にここまで曲がります。 もうちょいいけるけどこの時点でももう十分です。

見てもらえばわかるとおり装甲をつけた状態でここまでいけるのは中々です。 自画自賛。

CIMG9899.jpg

通常時はこんな感じ。 HMM本来のスタイルの良さをキープできてると思います。 イエス!! イエス!!

・可動部分について
CIMG9900.jpg
引き出し部分を切り取って、ボールジョイント化。
各関節はすべてスイングジョイント中を使用しています。

CIMG9901.jpg
胴体部分。 普通のジョイントじゃ長さが微妙だったので、真鍮線とパイプで延長しています。
受け軸側はエポキシでがっちり接着。真鍮線も差し込んでます。

CIMG9904.jpg
首側。
CIMG9902.jpg
胴体側。

軸を太らせているので引き出した時の関節の保持力も十分かと。
可動させると各部がスカスカになるのでMSGとかジャンクパーツでディテールアップ予定。
MSG大活躍です。

CIMG9906.jpg
ミサイルポッドはここまで出来ました。
亀のような進行速度ですが、ここまで来たらもう少しです。
ガンスナイパーのものを参考にしています。


ちなみに亀って結構歩くの速いですよね。

明日からトサカにも手をつけます。

LEDに対応させるためにクリアパーツも削り出さなくては。
これが一番難しい気がします。


頑張るぞ~~。

ハビバノンノ

今日はレーザーレイフルを少し。

CIMG9894.jpg
CIMG9895.jpg

棒状の部分を切り飛ばして、プラパイプとプラ棒でシリンダー的なものを作ります。

完成時に良いアクセントになると思います。

合わせ目処理も簡略化できる。

普通にやるのとどっちが早いと聞かれると困りますが。

後はプラ板でちょっとした段差を作って。


CIMG9893.jpg
ミサイルポッドのベース。

プラ板で箱を作ります。
スコヤを使って直角を出すのですが、これがなかなか難しいです。

一個作るだけで結構な時間がかかりました。

CIMG9896.jpg

幻影装置としての噴射口を2ミリの三角帽出作ります。
乾いたら上から囲いを作ってディテールアップしていきます。



胴体の可動範囲の写真は撮り忘れました。

更にまた後日。

ちゃんとできてますよ。

ほんどだからね!!

ジミーに進行中

地味にすすめているサイコ。

胴体及び首部分の可動範囲を大幅に拡大しました。

エポキシ接着剤が完全に乾くのを待つので、その部分の記事はまた後日。

とりあえずフューラーは超えました。

はず。


今日は他に合わせ目処理など。

今回は流し込みタイプの接着剤で接着してみましたが、普通のセメントよりもやりやすくて良い感じです。

必要以上にはみ出さないのでこれもなかなか。

次からこれで行きます。

CIMG9889.jpg
脚のピンは真鍮線に置き換えました。

ジェノ作るなら必須の改修。

CIMG9891.jpg
カバー裏の接合。

CIMG9890.jpg
首先端にダクトとポリパテもりもり。

ポリキャップ隠しにも貢献します。

CIMG9892.jpg
レーザーライフルの可動範囲を拡大するためにボールジョイント化。

改修はこのへんで。

合わせ目処理だるいよ~。

進行速度低下

あんまり進めれていません。

胴体部分の構想は出来たので試作しようとしたところ、ジョイントパーツが足りない。

うぬう。

出来るとこまでは進めましたが、それでもかなりスローペースです。

バーサークフューラー並の可動範囲を目指しているわけですが、胴体部分に関しては外観を損なわずに何とかできそうです。

でも制作費が。



他にはちょっとした整形など
CIMG9886_20121105013144.jpg
CIMG9887.jpg
CIMG9888.jpg

尻尾は前にやった通り。

荷電粒子砲は差し替えで収納状態を再現できるようにしました。

サイコジェノザウラーなんだかんだ使わなかったし。


本日はこのへんで。

つまんない

パーツ一個なくした。

マジつまんない。

もーやだ。

今日はやらない。


初相互リンク!!

今日初めて相互リンクをさせていただきました。

kenZiさん、惑星Ziな人々〜創造の日々〜


ゴドス レイヴンカスタムなど思わず笑ってしまいそうなほどマニアックなものを制作していらっしゃいます。
アニメファンの僕としてはたまらん作品です。

アニメファンの方、必見です!!



なんだか僕もマニアックなの作りたくなってきちゃったなぁ。

でもアレ以上に角度の鋭い作品はそうは思いつかないですね(笑)。


しかし初相互リンクだけあって、嬉しさのあまり1人ニヤニヤしながらヤスってました。

気持ちわるいなお前。


何はともあれ、これからも宜しくお願いします。m(__)m


盛るぜー、チョー盛るぜー

CIMG98831.jpg

でん。

ふくらはぎのスラスターカバー裏。

以前は接着してから盛ったら成形がとても面倒でした。
なので整形してから接着してちょいちょい修正する感じで。

実際こっちのが早く終わりそうです。


お茶。ってば成長してるぅ。


CIMG98842.jpg

尻尾のパーティングラインとヒケの処理。
かなり深いです。

こいつもABSなんですが、頑張って削りましょう。


裏側の突起が邪魔なので切り飛ばして削った後に、5ミリのプラ棒でキャップをつけるようにすれば処理が楽です。

文章わかりづらいですね。 (高校時代僕の国語は常に3でした。)

工作はスローペースですが、その間にゲート処理をせっせと進めています。

僕は先にゲート処理する派なのです。



首まわりの改修はプロジェクトできているのですが、胴体部分の可動化がいまいち。

一回やってみたのですが、ダブルボールジョイントにするとHMMのスタイルの良さが崩れる気がして嫌なんですよね。

大きな変化はないのですが。



フューラーみたいに引き出し式の関節とボールジョイントを組み合わせて見ようと思っているのですが、ジェノの胴体フレームは異様に薄いのです。


電飾もしようと思っているので、干渉しないようにしなきゃですし、考えることがいっぱいです。

ミサイルポッドとフレキシブルレーザー作り出す前には構想だけでもはっきりさせておきたいですね。


頑張っちゃうぜぃ。
プロフィール

お茶。

Author:お茶。
おちゃまるって読みます。ゾイドとACメインに頑張っちゃいます。
よろしくおねがいします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。