スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ジェノブレイカージェットTypeA2回目

ジェノブレイカージェットの塗装が終わりました。
製作記事もなしにいきなり完成報告とはなんぞ。

CA3K0063_20131011233547284.jpgCA3K0062_20131011233546c27.jpg

本体とユニット。

CA3K0045_201310112336552d0.jpgCA3K0044_201310112336538a7.jpgCA3K0046_20131011233650626.jpg
クルッと。


CA3K0051_20131011233807f1a.jpgCA3K0050_2013101123380612f.jpgCA3K0048_20131011233805247.jpgCA3K0049_20131011233804f2f.jpgCA3K0047_20131011233802ac9.jpg

CA3K0052_2013101123392305a.jpgCA3K0053_20131011233924e6b.jpgCA3K0054_2013101123392539f.jpgCA3K0055_201310112339285c9.jpg

各部のアップです。

CA3K0056_2013101123392914f.jpgCA3K0057_2013101123403136f.jpgCA3K0058_20131011234033ded.jpgCA3K0059_20131011234034dec.jpg

荷電粒子砲ポーズ。
股関節の改修で低姿勢もバッチリです。

CA3K0060_20131011234036dcc.jpgCA3K0061_20131011234037369.jpg

お気に入りのポーズ。
ブレイカーユニット基部を改修したので、アームをブンブン振り回せます。
結構キツメに調整したので、ヘタれてくることもありません。



・各改修ポイント
  ・荷電粒子砲の伸縮の再現
  ・股関節に大型のボールジョイントを仕込み、可動範囲向上。
  ・首部分を改修し、可動範囲UP
  ・ふくらはぎのカバーを裏打ちし、デコレート。
  ・もも部分の動力パイプをスプリングに変更し、ディテールアップ。
  ・各バーニアをビルダーツリングタイプに変更。
  ・コンバータ部分を作り直し。
  ・アーム基部を改修し、シールドを斜めに保持できるように。
  ・ブレイカーユニットの接続軸を広報にずらし、バランス調整。


・カラーレシピ
  ブラック1:Exブラック+Exシルバー+パープルヴァイオレット+マルーン

  ブラック2:上記の物を比率違いで。

  レッド:Gxメタリックレッド+マルーン+スモークグレー

ガンメタル:オリジナルガンメタ

  ライトガンメタル:Exシルバー+オリジナルガンメタ

  シルバー:Exシルバー+ライトガンメタル スモークグレーで薄めにコート

  フレーム:ミッドナイトブルー+Exシルバーコバルトブルー+ニュートラルグレー

  キャップ:Exシルバー

  ゴールド:Exシルバー+クリアーオレンジ+クリアーイエロー

  センサー:各エナメル

  ExクリアーとExフラットコートでコート。


アーマードコア、アンサングを参考に黒2色やガンメタ複数使用など、細かく塗り分けてみました。
今回は塗装をテーマに作ったので、かなり丁寧に塗装しました。
大変満足な出来栄えです。

YES!!

しかし置く場所もないので、多分出品することになるでしょう...

シザースはいつ再開しようかな。


スポンサーサイト

塗装とか。

塗装についてご質問頂きましたので、僕のやり方を紹介します。
と言っても、エアブラシ買ってまだ2年も経ってない僕ですので、なんじゃそりゃって方もいるでしょうが、あくまで我流ということで。



塗装に渋みというか、重みを出したいときは下地の色を変えることで調整しています。
例えば、赤のような透けやすい色を塗装する場合、鮮やかな色にしたいのであれば、下地にピンクを用いて塗装します。
現在製作中のジェノブレイカーのような重い赤を出したいときは、下地に青を使用しました。
重い色なら黒混ぜときゃいいやって思って、下地になり、調色に黒を混ぜると茶色になるので注意です。赤に限らず、青なら紺になるように。 ← やった。

簡単な方法ですが、下地の色を考えるのが面倒な場合は、トップコートにクリアーブラックを少量混ぜて吹くのもありだと思います。



グラデーションも似たようなやり方です。以前制作したテュランでは、クリアーレッドに段階的にクリアーブラックの量を調節した塗料を順に塗装しました。果たしてこれがグラデーションと呼べるのか甚だ疑問ですが。
エッジ部分のような塗料が剥げやすい部分にはクリアーオレンジといったように、エッジ部分は明るめの色を塗装するとそれらしくなるかと。 成果のほどはテュランの項目を見ていただければと。



ウェザリングはかなりノリでやっています。雑ですみません。
正直ドライブラシするだけでも、かなり見栄えはするのではないかと思います。
気にしていることといえば、ウォッシングするときは一定方向に(重力を考えるなら↓、風を考えるなら横)といった程度です。

今回ジェノブレイカーはエナメルではなく、アクリルでやっていますが、そこは個人個人ではないでしょうか。
僕個人としては、アクリルはビシャビシャ、エナメルははボテッとした印象を受けました。
なので、雨や、サビが流れたような表現時はアクリル、 オイル汚れなどといったようなものにはエナメルといったように使い分けています。

CA3K0137_20130509005152.jpg
とりあえず、参考までに。
ガンメタルでドライブラシした後、ウェザリングマスターのサビで汚しをしてみました。



とりあえず、ざっくりではありますが、僕個人としての手法としてはこんな感じです。
ウェザリングはノリです、なんて言っていますが、それは僕個人の話であって、キズひとつ汚れひとつを本気で再現している方もいるのです。ウェザリング舐めんなって方すみません。

とりあえずはこんな感じで。
アドバイス等ございましたら、ぜひお願いします。

プロフィール

お茶。

Author:お茶。
おちゃまるって読みます。ゾイドとACメインに頑張っちゃいます。
よろしくおねがいします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。